ブッチナスコへ

日本からのEMSが住所エラーということで配達してもらえず😢

インターホンの名前を見つけられなかったんだと思うけど、そのせいで近所の郵便局にも届けられず(どこが近所かわからないということで)、SDAの配送センターに取り置かれました。

日本語学校ゾーンに住んでる私の担当センターは、ブッチナスコ支店。ミラノの南の隣町。

友人に自転車借りて行こうと思ったら、自転車で行くにくにはかなりキツイ距離だと言われ、バスに乗り、最寄り駅から30分歩きました。

何もない

ロモロ駅からナビリオ運河沿い南に走るバス351番に乗り、Scarlatti Rovidoというバス停で下車。約30分。Via Rovido から高速道路を渡り、Industria通りを通り、via delle Azaleeへ。ぐるーーっと回ってようやくSDAに。歩くこと約40分。門番さんに車はどこだと聞かれ、徒歩だと言うと、建物の裏を回れと言われ、ぐるーっと回ってSDAの建物へ。トラックが出入りして危ないから、真っ直ぐには行かせてもらえない。

もー、メッチャ遠かった。しかもバスの本数が日中は1時間に2本とか。通勤時間帯はもう少し多い。市内用の定期が使えないので1.6ユーロ追加するか、2ユーロのチケットが必要。チェックされなそうな感じでしたが、一応。

途中、知らない動物がたくさんいて、黙々と草を食べてました。ヌートリアという動物だそうです。大きいネズミかと思った。

ヌートリア

イタリアのイケアが有りそうな工業地帯というような所で、歩いてる人はほぼいない。心細かった😭

ま、そういうわけで、郵便番号20146に住んでる人は、不在配達にならないように気をつけて。

というか、イタリアの配達員のレベルには本当に失望。

コメント

タイトルとURLをコピーしました